キャバクラ用語 は行

リンクユニット

キャバクラで使われる単語の紹介

バースデー

女の子の誕生日。ナンバークラスのキャストになると盛大に行われる。この日に自分が今までお客さんに対してどう接したかが形になるのでバースデーを迎える本人にとっては結構なプレッシャー。詳しくはキャバ嬢のバースデーをお祝いしたい!喜ばれることとやるべきではないこと

ハーフ

30分延長。

ハウスボトル

店内でお客さんが飲めるお店で用意された飲み放題の焼酎など。鏡月、JINROが多い。お店の女の子に飲まされることはできない。

店内の規模。「あそこは大箱でキャストも多いらしいよ」

罰金

キャバクラは時給が高い分、遅刻や欠勤の際に罰金が取られる。

バック

指名で売上を立てた際の歩合。同伴バック、ドリンクバック、シャンパンバックなどある。

バックヤード

控え室、休憩場所。お客さんは立ち入ることができない。

派閥

キャスト同士で結託されたお店内でのグループ。キャバクラは売上を競い合う仕事でもあるため仲良しこよしでは仕事はできない。イジメや嫌がらせといったドラマで再現されるような場面も現実に起こりうる。

VIP

ビップルーム。個室だったりカラオケができたり様々だが、セット料金プラスのため割高。

引き抜き

他店で在籍してる店の子をあの手この手で自分の店に在籍させること。絶対に揉めるしおススメはしない。

ピッチャー

緑茶、ウーロンなど焼酎の割ものを入れる容器。別料金がかかる店が多い。

日払い

その日働いた分の前借り。日払いの上限はお店によって様々。全額日払いもある。

昼キャバ

昼から営業してるキャバクラ。都会は需要があっても田舎にはない。

ピン

ピン客。お一人様。

風営法

風俗営業法。お店をやる上での許可。無許可でやってる店舗もあるがバレたら営業停止なのでリスクが高い。

ピンドン

ドンペリニョンロゼ。お祝いの席などで出る高価なシャンパン。

風紀

お店のキャストと男性スタッフが付き合うこと。どこの店も基本禁止されてるが店のナンバークラスとオーナーや店長ができてるはザラにある。バレたら大変。詳しくはキャバクラのボーイのお仕事アレコレ〜ここが辛いよ黒服業務〜

フード

お店で提供してる食べ物。出前も出来るがフードチャージといって別途料金がかかる。

太客

大金を落としてくれるお客さん。

フリー

フリー客。指名の女の子がいないお客さん。お店にとっても顧客を増やすのが仕事のキャストとしても貴重な存在。

ヘアメ

ヘアメイク。今でこそ化石に近いが昔は盛り髪ヘアが流行ってた。

ペナルティ

遅刻や欠勤の際に罰金をとられること。

ヘネシー

Hennessy、ブランデーの銘柄。ひと昔前は飲み屋でヘネシーを入れるのがステータスだったらしいが今はあまり出ない。

ヘルプ

指名被りをしたキャストの代わりに着く女の子。飲み屋初心者の女の子は最初はヘルプ周りからのスタートで、ヘルプをしっかりこなせない子はキャバクラで働き続けるのは難しい。お客さんを呼べないキャストはヘルプ要員としてお店につかわれるし時給も安い。

細客

太客の逆。しかしバカにはできない。1万円の価値は人によって違う。細客でも大切にできるキャストこそキャバクラの本質をおさえた真のキャバ嬢だ。

保証期間

最初の面接の時点で女の子のルックスや経験で時給が決まる。店で設けられた期間中は時給が落ちることはないがその後は自分の頑張り次第で時給は変動する。

本指名

場内指名とは違って、お客さん側が目当ての子に対して最初に指名を入れること。キャバクラを始めたての子はまず本指名を取る為に頑張ろう。