カッコいい!キャバクラでスマートな立ち振る舞いがデキる男はモテる!?気にしてみたい5つの言動

リンクユニット

最初に、キャバクラの楽しみ方は人それぞれなのでケチをつけたい訳ではない!

だけど長年お店で色々なお客様を相手にしていると、飲み慣れてる人やキャバクラでの飲み方を心得てる人はスグに分かるもの。

キャバ嬢なんてそれこそ沢山の男性を毎日相手にしてる分、スマートでない言動をする人を見ると

「あー、この人はこんな感じね」

スグに見抜かれちゃうんだよね。

キャバ嬢だって男性客に対して演じることだって沢山あるわけで、我々男性陣もキャバ嬢相手に紳士的でスマートな男を演出したってエエじゃないか。

今回はキャバクラに飲みに行く際にきっと役立つ、そして注意しときたいスマートな言動を5つ紹介したいと思うヨ。

ちなみに

スマート(SMART)の意味

身なりや場所がオシャレ

賢い

ハイテク(精密)

整っている

無駄がない

磨かれている

洗練されている

垢抜けている

スマートって単語にこんだけの意味が含まれてんだけど、

今回の記事でいうスマートとは無駄がない、垢抜けてるに近いかな!

1.お金を気にしない

お金を気にしないだけ聞くと少し語弊がありそうだが、なにもお金をジャブジャブつかえという話ではない。

男の魅せ方としてお金を気にする素振りを見せないと言った方が正しいか。

オート延長の店を除いてキャバクラは基本60分1セットのお店が多く、だいたい時間の10分前にコールという延長確認をする為ボーイが席に来るシステムになっている。

今いくら?

そりゃー自分の財布事情があるし散財して後に後悔しないためにも確認することは大事なことだよね。

だーけーどー

もし値段をきいて首を傾げながら

どうしようかなー、延長したいけどー、うーん、あー、ちょっと待ってねー、えーとー、うん、ごめん今日は帰るよ

こんな感じでおどおどもたついていたら隣のキャバ嬢もアナタの財布事情をきっと気にすることになる。

「お金ないのかな?無理してないかな?給料前なのかな?」

そんなことキャバ嬢に思わせる必要はない。

スマートな人はお店の料金システムを理解し、だいたい今どのくらいの値段になっているか頭の中でちゃんとはじいている。

だからコール時も、もたつくことなく延長するかチェックするかハッキリと意思表示ができるのだ。キッパリ決断できる男はとても男らしく見えて頼りがいを感じる。

男なら誰だって女の前では見栄をはりたい場面ってあると思うけど、見栄の張り方を間違えてはいけないと思うんだよね。

キャバクラで無理してお金をつかう必要もないし、お金を気にしながら無理してる自分の姿を見せる必要もない。

お金を気にしてない素振りを魅せれる人は、仮に収入が低く貴重なお金で飲んでたとしても女の子からケチだとかカツカツだなんて思われることはないだろうね!

俺は昔カッコいい大先輩に教わりました。

金を気にしながら飲むくらいならキャバクラじゃなくて家で飲んでろ

先輩惚れてまうやろ…

2.ケチケチしない

ご存知の通りキャバクラでお金がかかる基本アイテムは女の子に飲ませるドリンク。

たまにフリーで入って女の子に全く飲ませず

水かハウスボトルでも飲んでろよ

こんなこと言いながら最安値で済ますお客さんがいますが絶対にNG!

というより水もハウスボトルも席で飲むキャバ嬢はいませんから。

ドリンクを飲ます飲まさないは自由ですがキャバクラでケチりながら飲むのは男の株を何倍も下げることになる。そんな人はキャバ嬢に好かれることはない

逆に気前のいい方は女の子のドリンクが空になったのを見て

飲みな〜!

気持ちよく言ってくれる人もいれば

いちいち断り入れなくていいから好きに頼みな

キャバクラで遊び慣れてる方は女の子にドリンク飲ませてナンボだと思う振る舞いをしてくれるんだよね。

特に男前だなーと思うお客さんはお店が暇で待機してる女の子達を見て

暇な子達場内してあげるからみんなに飲ましてあげてー

ハイ、カッコいいですマジで。

サラッとこういうこと言えちゃう人はとっても粋!

シャンパンとかまで入れる必要はないけど、お店にお気に入りの子がいるならせめてボトルを入れてドリンクくらいはケチらずに飲ませてあげるだけでもキャバ嬢からの印象って大分変わってくるよ!

3.お会計が済んだらスグ帰る

セットの時間を1分も無駄にせずに丸々楽しみたいと思う気持ちも分からなくもないが、会計が済んだらスグにお帰りになることをここでは勧めたい。

会計が終わってダラダラと会話を引っ張ったりタバコを吸い始めたりする人がいるが、お会計が済んだ時点で女の子の頭の中は会話の間のタイミングでお客さんを帰すことしか考えてない。

会計が済んだ時点であえてこっち側からご馳走さまして帰る方が、キャバ嬢から帰るの早いー!と逆に名残惜しさを感じさせることも出来るし、女の子にどのタイミングで帰すか考える手間を省かせるまさに無駄のない行動だと思うよ。

そして次の4つ目に繋がる

4.帰る時にトイレに行かない

トイレはチェックを出した後など会計前に済ませておきたい。

それこそ特にお店が忙しく回ってる時など帰り際にトイレに並ぶ団体はホントにまったくもってスマートじゃないね。お客さんをかえさなきゃいけないキャバ嬢にとっては余計な時間なんですよ。

トイレを我慢する必要はないが飲み慣れてる人は会計が終わった時点で女の子に時間を取らせることなく颯爽と帰ってく。

ましてやお見送りを外までする店の子からしたら寒い外でお客さんが用を足すのをブルブル震えながら待っているのだ。プラスで女の子自身トイレを我慢してる可能性だってある。

スマートなお客さんはそういった細かい部分もちゃんと考えられる人が多いからきっとプライベートでも女の子に気を遣えて女性に困らない方達が多いんだと思うな。

5.ネチネチしてない

ネチネチって単語からスマートさは微塵も感じない。

口説き落としたいキャバ嬢に対してネチっこい人は本当に沢山いる。

彼氏の有無の確認、家の場所の詮索、源氏名ではなく本名を探る、プライベートのお誘い

これらを1回だけならまだしも何度もしつこく尋ねてくるのはスマートじゃないよね。

これらの会話にキャバ嬢は心底ウンザリしてる。

スマートな人は会話にも余裕があるしガツガツしてない感じが紳士に見えるとキャバ嬢から大事に想われるヨ。

こういう方は逆にキャバ嬢からアフターだったりプライベートな誘いをされるよ、マジで!

1度キャバクラでの自分の振る舞いを見つめ直しみよう!

決して酔っ払ってて記憶にございませんだなんて状態になってはいけないよ。

まとめ

キャバクラなんてただの遊び、キャバ嬢相手にどう思われようと知ったこっちゃーねよ

なーんて方にはどうでもいい記事だけど、キャバ嬢に一切の下心なしで来る人は俺は稀だと思うけどどうなんだろ?

しょーもないお店に行ったのであれば下心も湧かないかも知れないけどそれはお店の質が悪かったってだけの話。

良いお店でイイ女と”酔い”酒の飲み方をした方が男としての質も上がるはず。

10数年前までガラケーが主流だったのに今じゃ携帯電話ですらスマートな時代。

普段の振る舞いもファッションも仕事もお金の払い方もスマートな人が今の目まぐるしく変化する時代についてける洗練されたカッコいい男なんじゃないかな。

合わせて読みたい