キャバ嬢と付き合いたい!その前に知っておきたい5つの心得

リンクユニット

この記事を開いたあなたはキャバクラで働くあの子とお付き合いしたいと考えてる、もしくはキャバ嬢に少し興味があるからこそこの記事に辿り着いたのではないだろうか。

今まで俺が見てきた現実をふまえながらキャバ嬢とお付き合いする心得をお伝えしたい。

キャバ嬢と付き合ってくうえで心得たい5箇条

1.色恋営業の可能性

お客様に指名を頂くことで得られる個人の売上を日々競い合うのがキャバクラの世界。

可愛いあの子に負けたくない!憧れのキャストに近づきたい!

売上を上げる理由は様々あるけどシンプルに給料に直結するからだ。

キャバ嬢はお客様を呼ぶために色々な手段を駆使する。その1つが色恋営業

色恋とは文字通り色をかけて相手をメロメロにしてしまう魔法

あなただけ特別、あなたに会いたい、あなたともっと一緒にいたい、こんな気持ち他の席では絶対ならない、嫌なお客さん来るから助けに来て欲しい…。

こんなことを言われて気分を悪くする男はいないよね!

もしかして俺のこと好きなんじゃね!?

そんな気持ちにさせてしまう色恋営業

しかし注意しなければならないことがある。

キャバクラはあくまで疑似恋愛を楽しむ場であって基本的にお客様には変わらない。

そこまで言うなら付き合おうよ!

だいたいはやんわり流されると思うが、稀にイエスをもらえることもある。

が!

チョットマッテーチョットマッテーお兄さぁん!

もしかして会うときはいつもお店じゃない?忙しいを理由にプライベートで会ってもらえてる?付き合ってるのにエッチさしてくれないなんて感じているのではそれは色恋営業にかけられているのだ。

こういう人が多いからキャバクラが成り立つという残酷な事実を最初に突きつけとこう。

2.つまらぬ嫉妬はしない

なんの疑いもなく付き合えたー!よっしゃー!

喜ぶのはまだ早い。ここからが本番だ。

後々に待ち受ける器のデカさを試される幾多の試練に果たして耐えられるかどうか…。

キャバ嬢と知ってて付き合ったくせしていざ彼氏になると

キャバクラで働くのを辞めて

マジでこれが多い!!

確かに上で述べた通り疑似恋愛を楽しむ特殊な世界なだけあって沢山の男を相手にしなければいけない仕事だから嫉妬する気持ちは分からなくもない。

ここで質問。

あなたはそれらに耐えられますか??

遅くに帰ってきては酔っ払ってる。

仕事前に自分の知らない男とご飯を食べに行く。仕事のあとにお客さんと飲みに行く。

スケベなお客さんを相手にするからお触りされることもある。

しょっちゅうLINEや電話が鳴りやまない。

休みの日をお客さんの時間にあてられる。

もう一度聞こう。

あなたはそれに耐えられますか?

しかし彼女らにとってそれは仕事でしかない

それを彼氏である本来支えるべき存在がつまらぬ嫉妬で彼女の仕事を邪魔する発言をするのは如何なものかと。

何度も言うが気持ちは分かる。しかしキャバ嬢と付き合うにはそれを受け止めるそれ相応の理解度量が必要なのだ。

今まで「彼氏にキャバ辞めろって言われてて〜」と何度も言われたことがあるが俺は決まって言う

そんな男辞めちまえ!!

彼女達は時間を削りながらも仕事で結果に繋がるために身も心も削る思いでお客様と接しているのだ。

それを彼であるあなたが否定してしまっては彼女はいい気はしないだろう。

本当にそれでキャバクラを辞める子もいたよ。流せれやすいのね。

そんな子は飲み屋の世界じゃ三流以下。大した女じゃねーなぁ。

3.いつでも迎えに行ってあげる心構え

キャバクラでは女の子を送迎していくのが基本であるが、キャバ嬢は飲むのも仕事。自分の意思とは反して潰れてしまうことだってある。

酔った時こそ好きな人にもたれかかりたいものだ。潰れた時こそ大好きな彼に助けを求める。

潰れて動けないから迎えきて〜

眠い目をこすりながら迎えに行くのか、面倒くさいからという理由で断るかはあなた次第。

さぁ〜!どっち!!

しょっちゅう迎えに行くのは大変なことだし昼の仕事をしてたら尚更のこと。

甘いえられると頼られるでは意味が変わってくる。

甘え過ぎだと感じたのであれば愛を持って叱ってあげればいい

潰れるくらいガンバってるのわ分かるけどそれで身体壊したらどうする!その分俺が頑張るから無理すんな!!

こんくらい言えるオトコであれば彼女はあなたの虜だ。

しかしこれにも注意が必要なのが酔いがさめるまでは叱るべきではない

怒る気持ちを堪えてその時は酔うほど飲んだ彼女の頑張りを認めてあげて、落ち着いてからアナタの本音を伝えるのが得策だ。

彼女のヘルプサインを見逃すことなく頼られた時にすぐ動けるバイタリティがありますかい?

そのくらいの覚悟を持って付き合わないと喧嘩ばかりで長続きはしないな。

4.決して背伸びをすることなかれ

普段から社長さんやお金持ちを相手にしてるくらいだし俺も奮発して高級レストランに連れて行こう!彼女の誕生日、お客さんから高価なプレゼント貰うみたいだし俺も負けじと良いのあげなきゃ!

そう考える気持ちは男前だがそこまで無理する必要はない。

もちろんケチケチすんのは論外でもしかしてイタ客かも!キャバクラで遊ぶときに知っておきたい事実でもお伝えしてる通り彼女らは男性のお金の出し方に目を光らせている

だからといって彼氏にそこまで求めてるかといえばそうでもない。

大事なことはお金の遣い方よりも一緒に過ごす時間のつかいかた。

気張るのはたまにでいい。金銭面抜きで男を上げる場面はある。その瞬間を見逃すことなく彼女をエスコートしてあげよう。

もし彼女が何かとお金のかかることを要求してくるのであれば、それはアナタという人間ではなく私にお金を遣ってくれるアナタが好きなだけ

ちゃんとその辺も付き合う前に見極める必要がある。

そんな女を選び結婚なんてした暁には身も心も財産も滅ぶだろうね。

5.話を聞いてあげる心の広さと応援する懐の深さ

誰だって自分の話を聞いてもらいたい。

キャバクラでは話上手な子よりも聞き上手のキャストの方が人気がある。

彼女達は若者からおじさんの良い話やゲスな話、楽しい話に退屈な話、オタクだったりプライドの塊みたいなクセモノ相手をたてながら毎日上手に聞いてんだよね。飲みたくないお酒を飲まされながら時には馬鹿を演じて場を盛り上げる。

それって相当なストレスを抱え込む大変なことなんだよ。

それを少しでも吐き出させて気持ちを軽くさせてあげる器のデカさがあなたにはありますか?

女の子が愚痴とか悩みがある時って大概は答えを望んでいる訳ではなくただ聞いてほしいだけなんです。

愚痴は聞いてる方も嫌な気持ちになりかねないネガティヴなことではあるが、ポジティブな気持ちに切り替えるために吐き出すことは必要なこと。

アナタがそこをシッカリ受け止めたうえでアドバイスをしてあげたり、励ましてあげれれば彼女の中でとても心強い支えとなること間違いない。

それが彼女のモチベーションにも繋がるし彼女を応援する気持ちが自然と相手を成長させることに繋がるんだよね。

まとめ

キャバクラの女の子とお付き合いするにはそれ相応の器のデカさが必要だ。

男性諸君の8割は彼女にこの仕事を続けられることを嫌がるだろう。

上記5箇条を参考に、そこまで出来ないと正直に感じたのであれば付き合うことはオススメしない。

しかしいいオンナというものはキャバクラには沢山眠っているものだ。ましてやプライベートが謎めいてる女にはどこか魅力がある。

だいたいのキャバ嬢は仕事とプライベートをちゃんと分けている。

しかしだ、

その謎めいたプライベートが果たして良いものか悪いものかは付き合ってみなけりゃワカラナイ。

もっとも5カ条をクリアする自信がある猛者がいるとすれば別に彼女にキャバ嬢を選ばなくてもいい気もするけどね…。