DETROIT vol.2

リンクユニット

久々の更新!

サボって訳じゃ〜ございません。寝る間もなく時間に追われてそれどこではなかったんです!

神に誓ってホントです(大嘘)

2017年8月20日 DETROIT vol.2

1回目が予想以上の盛り上がりもあってか若干の不安な気持ちを抱えてスタートしたのが本音

何が不安だったってこの日はMCバトルシーンでは全国で有名な

戦極MC BATTLE福島予選

バトルエントリーもお客さんもそっちに持ってかれるかもしれん

しかしだ!!

やはり俺らチームDETROIT

今回MCバトルのエントリー数は26人

気になる集客はこれだ、

ワントゥッスリッ!!

最高に気持ちのいい眺め。

噂では福島イチの集客だとかなんとか。

狙い通り若い子達がメインでヒップホップ好きは勿論、スケーターにダンサー、高校生からその保護者の方々、街で商売やってる人にお世話になってるお客さん、それから外国人の人まで本当に来てくれた人達に感謝!!

自分らのイベントにこんだけ人が集まってくれることは本当に幸せだ

福島のクラブシーンに今回も新しい風を吹かせることができた気がする。

こだ田舎のふぐすまでもまだまだやれんだって可能性を感じたよ。

これからの福島を盛り上げるのはコイツら福島サイファー

俺達は屋台骨

そしてそれを目に焼き付けるお客さんあってのイベントであることは説明不要。

スナップショット

テキーラガールも潰れるまでガンバってくれてアリガト!!

ケンさんいつもAZS!

DETROITオリジナルTシャツも販売してたよ

クラブに多国籍ってなんだか本場っぽいよね

前回チャンピオンのコング。バトルだとみんな目つきが変わる。

負けられない戦いがここにある

ジャッジ決めるのって難しいのよ

決勝戦!アツかったな〜

今回のチャンピオンはリルアーツfrom郡山

お前たちイカしたTシャツ着てるでねーか

差入れも頂きました!前回の反省もあり潰れなかった俺偉い(ドヤ)

地元のワルども

真ん中はカメラマン、撮影技術は至って微妙。次に期待

DETROITオーガナイザー3人プラスDJ YURINA&DJ KEN

これから先に思い描くこと

結果として2回目も大盛況!確かな手応えを感じている。福島で1番入ってるイベントの自信もある。

だけども勘違いしてる訳ではない。

福島のクラブシーンは盛り上がっては衰退していく。有名なゲストを呼んでも集客はイマイチ。ゲストがいなけりゃ入って4〜50人。それを俺らは今まで目の当たりにしている。

世間でヒップホップがようやく浸透してきた今ならチャンスと思ってのこのイベント。それが当たっただけでありこの先は分からない。

流行りはいつか廃れる。

若手はテレビやYouTube越しに憧れを抱きラッパーを目指す。そんな奴らはごまんといる。

挫折して辞めてしまう人間の方が圧倒的に多い。もちろんそれだけではなく就職して時間が作れなくなったり家庭を持つとクラブシーンからどんどん人が去ってく。

このイベントも今はMCバトルこそメインではあるが時代の流れは早い。

時代に乗れない奴らは置いていかれるのが今の世の中。

今後の福島のクラブシーンに対して集客や可能性に重点を置いて考えた時、

いかにこだわりを捨てれるか

これがキーなんじゃないかと個人的な考え

温故知新

古きを大事にしつつ新しいことを取り入れる

イベントのオーガナイズもビジネスの1つとして考えている。

ヒップホップで盛り上げられるのが1番の理想であることに間違いはないが、ヒップホップのブームに終わりがきた場合は方向転換も考えなければならない。

そうは言ってももちろん、もし世間でブームが終わったとしても俺らがこれからも若手をしっかりと支えながら今あるDETROITを通して若い子達に少しでもクラブの楽しさなり人との繋がりの大切さだったり“遊び”を広めていくつもりだ。

DETROITをオーガナイズするまで福島のクラブは死んでいた。

何故なら俺ら上の世代が若手を育ててこなかったし影響を与えられる人がいなかったからだ。俺らの世代はほとんどシーンから消えたし下が出て来ることもなかった。その上の世代がイベントをやらなくなり俺らの時代がやってきた。

だが俺の考えとしては目立たなきゃいけないのは福島サイファーを中心とした若手であって俺らの世代ではない。

若い芽を俺ら歳上がのさばることで摘んではいけない。

上の世代の一部はDETROITを”お遊戯会”呼ばわりしてるみたい、悔しいね。リアルなヒップホップにこだわりを持つことは否定しないが影響力を持たないヒップホップって何ってハナシ。

いつかはDETROITを若手に譲る日が来るであろう。その方がより下の世代が育つはずだし俺らアラサー世代なんかよりずっと若い世代に影響を与えられると思うからだ。

そんなことを考えながらも今までとは違う形で、色々なジャンルも取り入れながら全く新しいパーティをオーガナイズする目論見があるのはまた今度の機会にでも記事にしたいと思う。

最後に今後のDETROITの計画

次回DETROIT vol.3来年の1月の予定!3月はあっという間に1周年!

アニバーサリーということでその時には福島に来たことがないゲストを呼びたいと思いながら動いていければいいなと思ってます…。

R指定とか呼びてーー!

2回目のイベントを終えて割と日が経ちましたが完全に喪失感

その名もDETROITロス(笑)

だって最高な気分でクッソ楽しかったんだもーん

そのせいもあってblogの更新も遅れたってこでこの記事を〆させていただきます!!(言い訳)

イベントも終わった今、いつも通り仕事に生きますわ。

ヤーマン!